カテゴリー別アーカイブ: freesoft

AutoCAD互換のソフトを試してみた

AutoCAD2010では、またdwgフォーマットが2010形式という新たなものにかわったそうです。

私の仕事している業界ではAutoCAD LTを使っている企業が多いのですが、数年後とのバージョンアップでファイル形式の互換性が失われるため、外部とのデータ交換にしばしば困ることのあるCADソフトです(旧バージョン形式でも保存できますが)。

ArcMapにも言えることですが、劇的な機能向上が無いのにもかかわらず高い料金で毎度毎度バージョンアップするのも難しいため、AutoCADと互換性のあるCADソフトの体験版をダウンロードして試してみました。

[参考価格]
AutoCAD レギュラー版 62万円
AutoCAD LT 20万円

結論から書くと、2010形式に対応したソフトはありませんでした。2010形式のファイルを変換するには、当面の間はDWG TrueView2010を使うしかなさそうです。

ただ、調べてみるとAcadLTよりも格段に安く入手可能なのに、普通にdwg・dxfを読み書きできるだけではなく操作性も含めたほぼ完全互換、ラスタ読み込みや各種カスタマイズ、3Dレンダリングなども可能と魅力的な低価格ソフトが多数ありました。

個人的に気に入ったのは、一番動作が機敏だったBricsCAD V9 Classicです。もし、普段AutoCADを使っている方で、新しいソフトを使うための予算や学習時間を最小限にしたい人はZWCADの導入は検討に値すると思いますが、こちらはパクリっぽいのが気になります。

BricsCAD V9

  • ○AutoCADを使える人ならほとんど問題なく使える。
  • ○キビキビした動作で安定して動く。
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応。
  • △ショートカットキーは同じだが、メニューの並び方やプロパティ画面などが違っている。
  • △LISPやARXによるカスタマイズも可能。DIESEL式も一部可能だがマクロ記録はいまいち動かない。

[ひとこと]
次に購入するならこれかな、と思った。

[価格]
Bricscad V9 Pro:7.9万円、3D機能あり
Bricscad V9 Classic:5.9万円、3D機能あり、VBA不可

ZwCAD

  • ○AutoCADを触ったことのある人は、まったく違和感なく使える。というかAutoCADでは無いことに気付かない人もいそう。
  • ○機能、見た目、ショートカットキー、プロパティ画面、何から何までAutoCADそっくり
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応。
  • △LISPやARXによるカスタマイズも可能、マクロ記録はいまいち動かない。
  • △基本的にサクサク動くが、保存時はちょっともたつく
  • △残念ながらヘルプは日本語化されていない箇所が多い(英語のまま)
  • △中国製

[ひとこと]
Autodesk社製でないのが驚きなぐらい、AutoCADとの違いがわからない。。。

[価格]
ZWCAD2009 PRO:8.0万円、3D機能あり
ZWCAD2009 PLUS:6.5万円、3D機能なし

LiteCAD

  • ○フリーソフト
  • ○インストール不要でUSB起動可能
  • ○shapeファイルを入出力できる
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応っぽい。
  • △ラスタ読み込みもできたが、作図は2次元まで。
  • △日本語化されてない
  • ?上記公式サイトから直接ダウンロードできませんが、右クリックしてソースを見たらファイル名(litecad.zip)がわかります

[ひとこと]
AutoCADに見た目は似ていてるけど、仕事に使おうとは思えなかった。
どうやってレイヤ操作するんだろ。

——-
以下、体験版のインストールはしてないけど、ちょっと調べてみたソフト

IJCAD7

  • ○オプション購入で建築・土木・電気・機械系コマンドを追加できる
  • ○jwcadのデータが読める
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応。
  • △体験版をダウンロードするためにユーザー登録後にログインしなおす必要があり面倒

[ひとこと]
昔のIntelliCADの不安定イメージがあって気が進まなかった

[価格]
IJCAD 7 Pro:10.5万円、3D機能あり
IJCAD 7 Plus:5.8万円、3D機能なし
IJCAD 6 Architectural:15.8万円、3D機能なし、建築系コマンド追加
IJCAD 6 Civil:15.8万円、3D機能なし、土木系コマンド追加
IJCAD 6 .SXF:10.3万円、sxf対応
IJCAD 6 Electrical:15.8万円、3D機能なし、電気系コマンド追加
IJCAD 6 Technical:15.8万円、3D機能なし、機械系コマンド追加

XcellicCAD V6

  • ○安い
  • △dwgファイルは2004形式までしか対応してない。
  • ×公式サイトが2005年で更新をやめているので、今後の対応も望めない

[価格]
XcellicCAD v6 Standard:3.8万円、3Dはサーフェスまで
XcellicCAD v6 Professional:7.7万円、3Dレンダリング可

個別に最前面表示が可能な付箋紙ソフトStickypaper

付箋紙ソフトはVecorなどで大量に公開されているのですが、GISを使っている時は、ほぼ朝から晩まで全画面表示になっており、デスクトップに付箋紙を貼っても全く意味がいない!という状態になっていました。

仕事などで全画面表示にする機会が多い人へ、たまたま良い付箋紙ソフトを見つけたのでご紹介します。多くのGISツールと違って日本製ソフトなので、日本語の文字化けなんて当然しません。

続きを読む>>

CrystalDiskInfoでハードディスクの破損に備える

最近、Seagate製のハードディスクに致命的に欠陥が見つかっているそうです。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/19/news109.html

そこで、良い機会ですのでSeagate社製以外のハードディスクを使っている方も、フリーソフトを使って、ハードディスクの状態をチェックしてみてはいかがでしょうか?

続きを読む>>

DWGデータの無料変換ツール

以前、DWGTrueViewというソフトについて記載しましたが、さすがAutodesk謹製だけに確実にファイルフォーマットを変換できて良いのですが、ダウンロードするのも大変(ファイルサイズ200MB以上)で、インストール後も動作が遅くてイライラしていました。

そこで、DWG TrueViewよりもお手軽にファイルフォーマットを変換できるソフトがありましたので、ご紹介します。

EveryDWG

R12形式から2007形式にまでの幅広いdxf,dwg,dxbファイルに対応し、ファイルサイズがたったの3MBです!しかも、インストール不要(解凍するだけですぐに使える)というのも嬉しいですね。ただし、現時点でDWGのバージョンは「2007形式」まで対応しています。

この変換ツールは、CADフォーマットの標準化およびCADデータ変換ツールのオープン化を進めている非営利団体ODA(Open Design Alliance)によって作成されていますので、今後のdwgバージョンアップにも対応してくれそうです。

複数のパソコンを1つのキーボードで操作する

ArcGIS用、AutoCAD用、解析用、電子納品用など、ライセンスの関係から自分用のデスクトップパソコン+共通のノートパソコン等を使って作業すると、入力デバイスであるキーボードやマウスが増えていき、作業スペースがドンドン減りますよね?

そんなとき、1つのキーボード&マウスで、全てのパソコンを操作できたらいいのに、と思ったことはありませんか?

フリーソフトのDOKODEMOを使えば、そのような事が出来るようになります。
http://gr-avalon.hp.infoseek.co.jp/products.html#dokodemo

DOKODEMOはTCP/IP(LANの事)で接続された複数PCを、1つのマウスとキーボードで操作できるツールです。自分のパソコン上から、設定した他のPCの画面上にあるマウスカーソルを動かし、キー入力を行うことができます。

また、クリップボードにコピーした文字列や画像を別のPCと共有できます。

よくある遠隔操作ソフトと違って、パソコンに負荷がほとんどかかっていないようなので、重たい作業を沢山のパソコンで分散処理する場合などにも使えます。一度試すと手放せなくなるお勧めソフトなので、是非ともお試しください。

【使い方】

  1. 操作対象のパソコン(以下、サブパソコン)でDOCODEMOを起動する。 
  2. サブパソコンのタスクトレイ(画面右下の時計があるところ)のアイコンを右クリックして、「操作を受け付ける」にする。
    さらにプロパティを開いて「操作受付け」のコンピューター名を入力する。
  3. キーボードとマウスが付いているパソコン(以下、メインパソコン)でDOCODEMOを起動する。
  4. メインパソコンのタスクトレイ(画面右下の時計があるところ)のアイコンを右クリックして、「操作する」にする。
    さらにプロパティを開いて「操作対象」のコンピューター名を入力する。
    「割当て」の方向は、サブパソコンを置いてある方向としておくと扱いやすいです。
  5. 設定は終わったので、キーボード、マウス、クリップボードが共有されました。
    快適な作業をおためしください。

1000万行を超える巨大なテキストファイルを扱う

秀丸エディタが扱えるテキストの最大行数1000万行を越えるCSVデータを扱う必要があったため、巨大なデータを扱えるテキストエディタを調べてみました。

高価な有料ソフトを視野に入れればMIFESなどがあるのでしょうが、低価格でできればフリーソフトという観点で選ぶと、EmEditorフリー版かTeraPadという選択が良さそうです。

秀丸(シェアウェア)の上限値は1000万行です。
普段は重宝しているのですが、今回行いたい作業では使えません。
http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html

さくらエディタ(フリーウェア)は、メモリに依存するとの事でしたが、自分の環境では読めませんでした。
http://ringonoki.net/tool/ed/sakuraeditor.html

QXエディタ(シェアウェア)もダメでした。
ただし、部分的にファイルを読み込む機能により、ファイルを高速に開くことができたため、数十メガ程度のファイルであれば、良い選択かもしれません。 
http://www2k.biglobe.ne.jp/~araken/

TeraPad(フリーウェア)は、1000万行を超えるテキストファイルを扱えました。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html

EmEditor(フリー版)は、1000万行を超えるテキストファイルを扱えました。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/writing/se047993.html
プロフェッショナル版(シェアウェア) の場合、最大 248 GB (または21億行) という非常に大きなファイルも扱えるようです。

【番外】鈴川エディタ(シェアウェア)は、作者のホームページによると300Gのテキストをサクサク扱えるということでしたが、あやしいので試しませんでした。
http://www.szkwjp.com/
http://comment.vector.co.jp/comment.php/367901

フォルダ内のテキストファイルを全て結合する方法

複数のTEXTファイルやCSVファイルを結合するためのフリーソフトが多数ありますが、なかなか良いものが見つからなかったため、私が普段行っている、処理速度が速くかつ簡単な方法を紹介してみます。

といっても、コマンドプロンプト(DOS窓)を開き、
copy c:\data/*.csv c:\data2/output.csv 
と入力するだけです。

そうすると、c:\dataにあるcsvファイルを全て結合して、同じフォルダにoutput.csvというファイル名で出力することが可能です。

ただ、上記のようにフォルダ名を指定するのが面倒なので、任意のフォルダをベースにDOS窓を開いてくれるソフト、たとえばFolderPrompt(http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se421559.html)などをインストールします。

そのようなソフトをインストールしてあると、フォルダを選択→右クリックでコマンドプロンプトを表示して、
copy *.csv output.csv
という短いコマンドを入力するだけでファイルを結合できてしまいますので、結合するためのフリーソフト等を立ち上げるよりも手っ取り早いです。

古いバージョンのAutoCADをアンインストールしたいけどコントロールパネルに表示されない場合の対処法

複数のAutoCADをインストールしていると、なぜか古いバージョンがコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」に表示されなくなることがあります。

そのような場合、Safarpというフリーソフトを使うと便利です。

●Safarpとは?
Windows XPの“プログラムの追加と削除”といった、Windows標準のアンインストール画面よりも軽快に動作するアンインストールソフト。
各ソフトをアンインストールするときは、インストール済みソフトの名称をリスト上でダブルクリックすればよい。
また何らかの原因でアンインストールされずに残ってしまったソフト名称を、右クリックメニューでリストから恒久的に削除することも可能。

http://wistinga.online.fr/
インストール不要なので、お気軽におためしください。