ArcMapで作った地図の縦横比が合っていない気がするときは

GISでは、いろいろな投影法を使って地図を表現できるため、同じデータであっても投影法によって、地形の見え方が変わってしまいます。

小学校などで習ったメルカトル図法や正距方位図法などを思い出すと、地球を表現するためにいろいろな手法があり、手法によって大陸の見え方が異なる事が分かりやすいかと思います。
GISにおいても、投影法が適切でないと「縦横比があっていない」「なんで歪んでいるんだ?」と感じる地形図になってしまいますので、地図の縮尺にあった座標系データを指定しましょう。

たとえば、縮尺が「1000分の1」や「1万分の1」など場合は、平面直角座標系。
「20万分の1」などの場合は、UTM座標系。
全世界を相手にするときはWGSなど、好みで決めるとよいかと思います。

平面直角座標系やUTM座標系の割り付けは、地図センターの画像http://www.jmc.or.jp/faq/map/h_utm.html がわかりやすいです。

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。