CADファイルのXYZ座標を取得するプログラム

このような特殊な物を必要としている人はほとんどいないと思いますが、必要に迫られてAuutoCADで書いた線の座標を片っ端から抽出プログラムを作りました。 

  1. このプログラム(autocad-xyz.exe)と同じフォルダに、AuroCADのログファイルをacad.txtという名前で保存する。
  2. プログラムを実行すると、同じフォルダにoutput.txtというファイルが作成されます。
  3. 中身をみれば一目瞭然ですが、不要な行が削除され、X,Y,Zデータのみが抽出されているはずです(特定の条件でしか試していないので、削除漏れがあるかもしれません)。

ArcGISのジオメトリ変換ツールでラインをポイントにしても良いのですが、まぁ、AutoCAD単体で3次元のDMデータを点にしたいときに使ってください。

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。