最新版のAutoCADのデータを入手したが閲覧するソフトが無い

AutoCADは、たびたび下位互換性の無いファイルフォーマット変更をするのが困り物ですが、無償のDWG TureViewというソフトを使えば、最新版のファイルを開くためだけに、機能的に必要としていない最新版を無理して購入する必要はありません。

AutoCADの販売元であるAutodeskから、フリーのビューアーが提供されています。

 http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?siteID=1169823&id=9149770

上記ホームページより、DWG TrueViewをダウンロードすれば、DWG ファイルや DXF ファイルを、 まとめて表示・印刷することができるようになります。

DWG TrueView 2008では、表示閲覧だけではなく、DWG TrueConvert の機能が統合されているため、AutoCAD や AutoCAD ベースの図面ファイルを AutoCAD R14 からAutoCAD 2008 まであらゆるバージョンの DWG 形式に変換することができます。

関連しているかもしれない記事: