複雑な図形の面積を簡単に出したい

AutoCADでは、点を指定して面積を出したり、ポリゴンの面積をだしたりすることができますが、スプラインと線に囲まれた範囲など、複雑な形状の面積を出すコマンドがありません。

そこで、以下のマクロ(DIESEL式)を作りました。

AutoCAD 面積計算まくろ
^C^C_-bhatch;p;s;a;r;y;;\;erase;last\;list;last;;erase;p;;

このマクロを使えば、どんな複雑な図形でも、囲まれていれば面積計算が可能です。

適当なボタンを作ってに登録してください。

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。