ばらばらのlineを結合したポリラインに変換する

DXF等のデータを入手したときに、線が一本一本バラバラで困る事態が多々あります。

一本一本ポリライン編集で繋げても良いのですが、AutoCADのポリライン編集オプションを上手く使うと劇的に作業時間が短縮されます。

・pe>m>選ぶ>y>j>1とか適当な距離

この際、結構離れている線をくっつける場合は、結合タイプをAにする。

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。