数値地図50mメッシュ標高から、計算用メッシュを作る

  1. まず、数値地図50mメッシュ標高を読み込む。
  2. メッシュ標高が欲しい地点のpointデータをexcelとかで作る。
  3. pointデータを3D Analystをつかって、3Dフィーチャに変換する。
  4. 出来上がった3Dフィーチャのテーブルを開き、新しいフィールドを追加
  5. 高度な計算で、
    dim pGeometry as ipoint
    set pGeometry = [shape]
      —-
    pGeometry.z
    とする。 

良く分かりませんが、pointデータ以外を用いるときは、「ipoint」をそのシェイプファイルの形式に合わせて変えれば良さそう。

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。