数値地図を読み込んで、簡単につなげる

ArcGISはillustrator等とは違い、対象とするファイルに座標が割り当てられていると、すごく簡単に配置することが可能です。

当然、たくさんの数値地図を繋げる作業もあっさりとできます。

  1. 以下のページから変換ソフトをダウンロードする。
    http://www.esrij.com/support/arcgis_desktop/downloads/DM_Raster.html
  2. 数値地図のCD-ROMをパソコンに入れる。
  3. 『地図画像.mxd』を起動して、旗みたいなアイコンをクリック
  4. 変換プログラムが起動するので、変換する。
  5. 完成

ただし、上記手順で作った地図(ラスタ)は、余白があるため、そのままでは格好わるいです。しかし、ArcGISでは、線の色を変えるのと同様に、ラスタの色を自由に変えることが出来ますので、その機能を使います。

以下のサンプルを参考に色を変えると、余白を消したり、川の色を変えたり、文字を消したり、やりたい放題です。

【 数値地図画像25000で使っている色の構成 】

  • 0 : 余白とか白いところ(不要なのでnullにする)
  • 1 : 道路(国道)
  • 2-3 : 川や湖の水面の色
  • 4-7 : 樹木に囲まれた居住地
  • 8-15 : 等高線
  • 16-31 : 川や田んぼなど
  • 32-63 : 道路や家屋、市街地等の縁取り
  • 64-127 : 文字の周りのふちどり
  • 128-255 : 文字の色

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。