タグ別アーカイブ: 変換

CADデータをShpファイルに変換する

CADデータをArcMap上に表示させるだけであれば、普通に「データの追加」をするだけで表示可能なのですが、ArcMapではCADデータの編集機能がないため、編集するためにはShapeファイル等に変換する必要があります。

AutoCADのデータをArcGISのファイル形式に変換する方法はいくつかありますが、一例を示します。 続きを読む CADデータをShpファイルに変換する

スプラインをポリラインに変換する

AutoCADのデータは、ArcMapで「データの追加」から簡単に読み込むことができるのですが、ときどき、コンターなど認識してくれない線があったりします。

その原因の多くは「スプラインが使われている」事です。

ArcGISはスプラインをサポートしていませんので、元のCADデータにスプラインが使われている場合は、AutoCAD等で、そのファイルを「R12形式のdxf」に保存しなおせば、ArcMapでも表示可能になります。

ただし、splineがポリラインに近似変換されるため、データ量が非常に増えます。

ArcGISで基盤地図情報の数値標高モデルを使う

基盤地図情報にて、全国の地盤高データを整理した数値標高モデルが公開されています。
http://fgd.gsi.go.jp/download/

10mメッシュ標高は1/25,000地形図の等高線データ等を基に作成したもので全国津々浦々が整備されています。
5mメッシュ標高は航空レーザ測量や写真測量によって作成したもので、都市部など一部が整備されています。

しかし、基盤地図情報で公開されているファイルは、JPGIS形式であるため、ArcGISで直接扱うことはできません。

そのために同ページで閲覧・変換ソフトが公開されているのですが、とても残念なことに、同ページにある基盤地図情報閲覧コンバートソフトは、数値標高モデルをシェイプファイルやラスタファイルに変換することができない、ちょっと残念な仕様です。

『基盤地図情報(縮尺レベル25000)の標高点(数値標高モデルを除く)』を使ってもよいのですが、数値標高モデルの方が必要な分だけダウンロードできてお手軽です。

参考:地図センターでは、基盤地図情報(数値標高モデル)変換サービスというものを1メッシュあたり280円で行っているようです。上手いというか、何というか・・・。

そのため、ESRIで公開している基盤地図情報変換ツールを使う必要があります。

以下、ダウンロード&インストール方法。

  1. JPGIS2.0形式の数値標高データをダウンロード(GML形式は未対応)
  2. ESRIのホームページよりファイルをダウンロード
  3. BMapConvInstaller.zipを適当な場所に解凍し、フォルダ内のSetup.exeを実行してインストール。
  4. ArcMapかArcCatalogを起動し、[ツール] メニューの [カスタマイズ] をクリック。
  5. [コマンド] タブをクリックし、[Japan Utilities] カテゴリの [コマンド] 一覧に「基盤地図情報変換ツール」コマンドが表示される。
  6. [コマンド] リストから「基盤地図情報変換ツール」コマンドをドラッグして、任意のツールバーにドロップ。

公共測量ビューア・コンバータ

GISやCADで用いられるファイル形式を相互に変換できるフリーソフト(国土地理院製)の紹介です。このソフトを使えば、DMデータをsxf形式に変換することができます。

以前紹介したCreate DXF file from feature layer in ArcMapは、ArcGISが無いと使えなかったのですが、今回のソフトは単体で変換が可能です。
続きを読む

大量のポイントデータを元にメッシュデータを作成する

ArcGISでは、大量のデータを含むシェイプファイルを扱うと、動きが緩慢になったり、下手すると勝手にソフトが終了してしまったりします。

そこで、大量のデータを扱う場合は、ラスタに変換すると良いでしょう。

まず準備として、『Spatial Analyst』でpointファイルをラスタに変換します。
また、適当なサイズのメッシュを『タイルポリゴン作成ツール』により作成します。さらに、各メッシュに適当なゾーンフィールド(ID番号のコピーで良い)を作ります。

ArcToolBoxより、
Spatial Analystツール > ゾーン > ゾーン統計
を起動

入力ラスタ、またはフィーチャーデータ欄
>メッシュファイル

ゾーンフィールド
>最初に作ったフィールド

入力値ラスタ
>最初に作ったラスタ

統計情報の種類(オプション)
>自分が必要とする情報を選ぶ。
 MEAN = 平均値
 MAJORITY = 最頻値
 MAXIMUM = 最大値
 MEDIAN = 中央値
 MINIMUM = 最小値
 MINORITY = 最も頻度が低い値
 RANGE = 最大値と最小値の幅
 STD = 標準偏差
 SUM = 合計
 VERIETY = ユニークな値の数

として、OKボタンを押す。

そうすると、メッシュの大きさが1つのセルになったラスタが作成されます。

ArcToolBoxより、
Spatial Analystツール > ゾーン > ゾーン統計をテーブルに出力
を起動

入力ラスタ、またはフィーチャーデータ欄
>メッシュファイル

ゾーンフィールド
>最初に作ったフィールド

入力値ラスタ
>ゾーン統計で作ったラスタ

として、OKボタンを押す。

そうすると、ラスタのセル毎に平均値などが算出されたテーブルが作成されますので、そのファイルをマップに追加してください。

ここまで来たら、あとは『最初に作ったメッシュ』に『ゾーン統計で作ったテーブル』をテーブル結合すると、膨大な数のデータをメッシュ毎に集計した結果を知ることができます。

最新版のAutoCADのデータを入手したが閲覧するソフトが無い

AutoCADは、たびたび下位互換性の無いファイルフォーマット変更をするのが困り物ですが、無償のDWG TureViewというソフトを使えば、最新版のファイルを開くためだけに、機能的に必要としていない最新版を無理して購入する必要はありません。

AutoCADの販売元であるAutodeskから、フリーのビューアーが提供されています。

 http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?siteID=1169823&id=9149770

上記ホームページより、DWG TrueViewをダウンロードすれば、DWG ファイルや DXF ファイルを、 まとめて表示・印刷することができるようになります。

DWG TrueView 2008では、表示閲覧だけではなく、DWG TrueConvert の機能が統合されているため、AutoCAD や AutoCAD ベースの図面ファイルを AutoCAD R14 からAutoCAD 2008 まであらゆるバージョンの DWG 形式に変換することができます。

カシミールの情報をArcGISで読み込む

カシミールで作ったルートなどの情報を、ArcGISで読み込むには、「gpx2shp」というフリーソフトを用います。
http://gpx2shp.sourceforge.jp/index.html.ja

gpx2shp は GPXファイル(GPS Exchange Format: *.gpx)を ESRIシェープファイルに変換するコンバーターで、下記HPよりダウンロードできます。数字が大きいほど最新版なので、それをダウンロードします。

http://sourceforge.jp/projects/gpx2shp/files/

使い方は、下記の通り超簡単です。

  1. ダウンロードしたファイルを、適当なフォルダに解凍
  2. カシミールで作ったルートやウェイポイントなどを、gpx形式で保存
  3. 解凍したフォルダにあるgpx2shpのアイコンにgpxファイルをドラッグ
  4. gpxファイルがあったフォルダに、シェイプファイル(dbf,shp,shx)が作成されます。

ラインやポリラインを滑らかな形に補正する。

※元のshapeファイルを上書きしてしまうため、スムージング用にファイルをコピーしてから実行してください。

エディタツールバーから、その他の編集ツール>高度な編集とすすみ、出てきたボタン群のうち右から3番目をポチッとクリック。

これだけ。

スムージング処理方法はスプライン補正っぽいので、ラインの構成点が少ないと、思った以上にグニャグニャに補正されてしまいます。用途に応じて使ってください。
—–

上記手順のようにボタンをクリックする方が簡単ですが、フィールド演算(高度な設定)を使って、同様の処理を行うことも可能です。
○上の式入力欄
 Dim pPolycurve As IPolycurve
 Set pPolycurve = [Shape]
 pPolycurve.Generalize 1
○下の答え入力欄
 pPolycurve

pPolycurve.Generalize 1は、値を適切に変更して、スムージングの処理をコントロールしてください。

数字を変えると、スプライン処理後の形が変わります。