タグ別アーカイブ: 編集

AutoCADで言うところのオフセットをしたい

ArcGISにはオフセットというコマンドがありません。
ただし、機能が無いかというと、コマンド名が違うだけです。

ArcGISのツールバーより、

  1. エディタ>編集の開始
  2. オフセットしたい線を選択
  3. 『平行コピー』を選択
  4. 距離(長さ)やサイド(オフセットする方向)を指定すれば、OKです。

『平行コピー』という名称からは、オブジェクトを平行にコピーするだけの機能と受け取ってしまいますが違います。
AutoCADのオフセットコマンドのように、指定したポリラインから一定の距離を保ちつつ、元のポリライン形状と同じようなポリラインを作図してくれます。

平行コピー機能に気づかないと、ポリラインをバッファ処理して、ジオメトリ変換ツールでポリラインに直して、余計なところを削除、、、とかやってしまいそうですね。

新たなフィールドを追加できない場合の対処法

ArcGISで、あるレイヤの属性テーブルに新たなフィールドを追加しようとしたときに、下記のエラーが出てフィールドを追加できない事があります。

○フィールドを追加できませんでした。
他のアプリケーション/ユーザにより使用されているため、選択テーブル/フィーチャクラスにフィールドを追加できません。

○フィールドを削除できませんでした。
他のアプリケーション/ユーザにより使用されているため、選択フィールドを選択テーブル/フィーチャクラスから削除できません。

ほとんどの場合、エディタツールバーより編集の開始をすれば、状態が解除され普通にフィールドを追加できるようになります。

配置した画像のレクティファイ

航空写真などのラスタを背景として表示したい場合は、ジオリファレンスの更新をすればOK。

Spatial Analystを使ってラスタ演算などの解析を行う場合にのみ、レクティファイが必要になります。

ラスタの配置時のずれを小さくするには、四隅を順番に位置合わせするのではなく、外周部から中心に向けてジグザグにやると、いい感じになります(以下のテキストの感じ)。

1○○○3
○○○○○
○6○5○
○○○○○
4○○○2

ばらばらのlineを結合したポリラインに変換する

DXF等のデータを入手したときに、線が一本一本バラバラで困る事態が多々あります。

一本一本ポリライン編集で繋げても良いのですが、AutoCADのポリライン編集オプションを上手く使うと劇的に作業時間が短縮されます。

・pe>m>選ぶ>y>j>1とか適当な距離

この際、結構離れている線をくっつける場合は、結合タイプをAにする。