ファイル保存時の注意点

GISを使って調査計画を行う場合、複数人で協力して作業を進める機会が多くなりますが、ArcGISは多数のshpファイルをリンクして地図を作るソフトですので、リンク切れが問題となります。

地図ファイル(mxdファイル)を保存するときに、【絶対リンク】とするか【相対リンク】とするか選べますので、相対リンクとしておけば、リンク切れ問題はほとんど生じません。

具体的には、ArcGISのメニューから、ファイル>プロパティ>データソース オプション>「相対リンクで保存」を選択してください。

  • 絶対リンクとは、c:\data\GIS\1-1.tif のような形式でリンク先情報を保存します。
     ⇒他のパソコンで使う場合は、フォルダ名を全く同じにしないとリンク切れになる
  • 相対リンクとは、mxdフォルダから見て、\GIS\1-1.tif のような形式でリンク先情報を保存します。
     ⇒フォルダごと他のパソコンにコピーしても動く

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。