AutoCAD互換のソフトを試してみた

AutoCAD2010では、またdwgフォーマットが2010形式という新たなものにかわったそうです。

私の仕事している業界ではAutoCAD LTを使っている企業が多いのですが、数年後とのバージョンアップでファイル形式の互換性が失われるため、外部とのデータ交換にしばしば困ることのあるCADソフトです(旧バージョン形式でも保存できますが)。

ArcMapにも言えることですが、劇的な機能向上が無いのにもかかわらず高い料
» 続きを読む ...

個別に最前面表示が可能な付箋紙ソフトStickypaper

付箋紙ソフトはVecorなどで大量に公開されているのですが、GISを使っている時は、ほぼ朝から晩まで全画面表示になっており、デスクトップに付箋紙を貼っても全く意味がいない!という状態になっていました。

仕事などで全画面表示にする機会が多い人へ、たまたま良い付箋紙ソフトを見つけたのでご紹介します。多くのGISツールと違って日本製ソフトなので、日本語の文字化けなんて当然しません。
» 続きを読む ...

DWGデータの無料変換ツール

以前、DWGTrueViewというソフトについて記載しましたが、さすがAutodesk謹製だけに確実にファイルフォーマットを変換できて良いのですが、ダウンロードするのも大変(ファイルサイズ200MB以上)で、インストール後も動作が遅くてイライラしていました。

そこで、DWG TrueViewよりもお手軽にファイルフォーマットを変換できるソフトがありましたので、ご紹介します。

EveryDWG

R12形式から2007形式にまでの幅広いdxf,dwg,dxbファイルに対応し、ファイルサイズがたったの3MBです!
» 続きを読む ...

複数のパソコンを1つのキーボードで操作する

ArcGIS用、AutoCAD用、解析用、電子納品用など、ライセンスの関係から自分用のデスクトップパソコン+共通のノートパソコン等を使って作業すると、入力デバイスであるキーボードやマウスが増えていき、作業スペースがドンドン減りますよね?

そんなとき、1つのキーボード&マウスで、全てのパソコンを操作できたらいいのに、と思ったことはありませんか?

フリーソフトのDOKODEMOを使えば、そのような事が出来るようになります。
http://gr-avalon.hp.infoseek.co.jp/products.html#dokodemo

» 続きを読む ...

1000万行を超える巨大なテキストファイルを扱う

秀丸エディタが扱えるテキストの最大行数1000万行を越えるCSVデータを扱う必要があったため、巨大なデータを扱えるテキストエディタを調べてみました。

高価な有料ソフトを視野に入れればMIFESなどがあるのでしょうが、低価格でできればフリーソフトという観点で選ぶと、EmEditorフリー版かTeraPadという選択が良さそうです。

秀丸(シェアウェア)の上限値は1000万行です。
普段は重宝しているのですが、今回行いたい作業では使えません。
http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html
» 続きを読む ...

フォルダ内のテキストファイルを全て結合する方法

複数のTEXTファイルやCSVファイルを結合するためのフリーソフトが多数ありますが、なかなか良いものが見つからなかったため、私が普段行っている、処理速度が速くかつ簡単な方法を紹介してみます。

といっても、コマンドプロンプト(DOS窓)を開き、
copy c:\data/*.csv c:\data2/output.csv 
と入力するだけです。

そうすると、c:\dataにあるcsvファイルを全て結合して、同じフォルダにoutput.csvというファイル名で出力することが可能です。

ただ、上記のようにフォルダ名を指定するのが面倒
» 続きを読む ...

古いバージョンのAutoCADをアンインストールしたいけどコントロールパネルに表示されない場合の対処法

複数のAutoCADをインストールしていると、なぜか古いバージョンがコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」に表示されなくなることがあります。

そのような場合、Safarpというフリーソフトを使うと便利です。

●Safarpとは?
Windows XPの“プログラムの追加と削除”といった、Windows標準のアンインストール画面よりも軽快に動作するアンインストールソフト。
各ソフトをアンインストールするときは、インストール済みソフトの名称をリスト上でダブルクリックすればよい。
また何らかの原因でアンインストールされずに
» 続きを読む ...