ラインやポリラインを滑らかな形に補正する。

※元のshapeファイルを上書きしてしまうため、スムージング用にファイルをコピーしてから実行してください。

エディタツールバーから、その他の編集ツール>高度な編集とすすみ、出てきたボタン群のうち右から3番目をポチッとクリック。

これだけ。

スムージング処理方法はスプライン補正っぽいので、ラインの構成点が少ないと、思った以上にグニャグニャに補正されてしまいます。用途に応じて使ってください。
—–

上記手順のようにボタンをクリックする方が簡単ですが、フィールド演算(高度な設定)を使って、同様の処理を行うことも可能です。
○上の式入力欄
 Dim pPolycurve As IPolycurve
 Set pPolycurve = [Shape]
 pPolycurve.Generalize 1
○下の答え入力欄
 pPolycurve

pPolycurve.Generalize 1は、値を適切に変更して、スムージングの処理をコントロールしてください。

数字を変えると、スプライン処理後の形が変わります。

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。