接しているメッシュの属性値を取得する

『接続対象となるメッシュ』に接するメッシュを作成する手順

  1. 『接続対象となるメッシュ』のバッファーを作成
    50mメッシュだとすれば50mの角丸バッファを作る
  2. 空間検索で、作成したバッファに含まれるメッシュを選択対象に追加する
    (「重なる」ではなく「含まれる」にするのは、角が接しているだけのメッシュを排除するため)
  3. 空間検索で、『接続対象となるメッシュ』と重なるメッシュを選択対象から除外する
  4. データをエクスポートする

上記1~4でファイルを作成したら、テーブルを空間結合して、最小値を取得する
最小値を取得するのは、複数のメッシュに接している場合、1つの値だけが欲しいから。

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。