AutoCADで作った横断図等の座標一覧表をつくる

AutoCADの持っているカスタマイズ機能を駆使して、LISPやVBAなどによるマクロを作ってもよいのですが、AutoCADのLT版でできる、手軽で手っ取り早い方法を紹介します。 
手順を書くと長いですが、操作自体はクリックしまくるだけなので簡単です。

■AutoCADでの操作

1.各断面をポリラインにして、繋げる

2.要に応じて、DLを分かりやすい高さに移動させる
  (やらなくても可。やった方がデータを見やすくなる)

3.河道の中心線に目安となるxlineを引く
  (やらなくても可。やった方がデータを見やすくなる)

4.logfilemodeを1にする
  (LOGFILEPATHに、全ての操作を記録したファイルが作成されます)

5.●SPほにゃららと打ち込む
  (ログファイルを見やすくするため)

6.UCS原点をDLとxlineが交差する点にセットする
  (UCSツールバーを表示させて、原点ボタンをクリックするだけ)

7.横断線を選んでlistを表示

8.(5~7)を断面の数だけ繰り返す
  その際、毎度毎度●SPほにゃららを打ち込むのは面倒なので、
   十時キーの上を2回押す>BSキーを押す>新しい数字を入力
  とすると、楽です。

9.全ての断面のlist取得が終わったら、logfilemodeを0に戻す

■出来上がったテキストファイルの操作

1.秀丸などの「正規表現」が使えるソフトでlogファイルを開く

2.置換で、以下の文字列を消す
  (^\n|^(?!コマンド: ●.*)(?!.*点の位置.*).*$)

3.置換で、以下の文字列を消す
  (コマンド: |X=|Y=|  Z=.*|          点の位置  |^ *|)

4.置換で、以下の文字列を,に置換する
  ( +)

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。