CADデータをShpファイルに変換する

CADデータをArcMap上に表示させるだけであれば、普通に「データの追加」をするだけで表示可能なのですが、ArcMapではCADデータの編集機能がないため、編集するためにはShapeファイル等に変換する必要があります。

AutoCADのデータをArcGISのファイル形式に変換する方法はいくつかありますが、一例を示します。

◆ArcMapで変換する場合

レイヤを右クリックし、データ>レイヤのエクスポート
この方法だと、あとから座標系を設定する必要がありませんし、すでにArcMap上にCADファイルを配置していれば、必要な範囲だけ変換することができます。

※CADの文字列をshapeファイルに変換する場合は一工夫が必要です
CADデータをArcMap上で表示したいのならばAnnotationフィーチャクラスを使うのですが、Shpファイルに変換したい場合は、pointフィーチャクラスを指定する必要があります。

Arctoolboxより、変換ツール>シェイプファイルへ変換>フィーチャクラス→シェイプファイル(マルチプル)

○○.dwgや○○.dxf
 …Annotation →表示用のデータなので変換不可。Pointを変換すればOK。
 …MultiPath
 …Point
 …Polygon
 …Polyline

ただ、Pointを追加しただけでは、点が表示されるだけですので、もう一工夫が必要です。
テキストデータの内容は、フィールドに記録されていますので、フィールドをラベル表示すれば、文字を表示できます。
さらに、「フィールドで指定した角度でラベルを配置」を使えば、CADのときと同じ回転方向となります。
TxtMemoフィールド → テキストの内容
TxtAngleフィールド → テキストの回転方向

◆ArcCatalogで変換する場合

これだと何も考えずに変換できますが、座標系が関連付けられないため、ちょとした後処理が必要になります。

CADファイルを右クリック
エクスポート>シェイプファイル(マルチプル)

関連しているかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。