大量のポイントデータを元にメッシュデータを作成する

ArcGISでは、大量のデータを含むシェイプファイルを扱うと、動きが緩慢になったり、下手すると勝手にソフトが終了してしまったりします。

そこで、大量のデータを扱う場合は、ラスタに変換すると良いでしょう。

まず準備として、『Spatial Analyst』でpointファイルをラスタに変換します。
また、適当なサイズのメッシュを『タイルポリゴン作成ツール』により作成します。さらに、各メッシュに適当なゾーンフィールド(ID番号のコピーで良い)を作ります。

ArcToolBoxより、
Spatial Analystツール > ゾーン > ゾーン統計
を起動

入力ラスタ、またはフィーチャーデータ欄
>メッシュファイル

ゾーンフィールド
>最初に作ったフィールド

入力値ラスタ
>最初に作ったラスタ

統計情報の種類(オプション)
>自分が必要とする情報を選ぶ。
 MEAN = 平均値
 MAJORITY = 最頻値
 MAXIMUM = 最大値
 MEDIAN = 中央値
 MINIMUM = 最小値
 MINORITY = 最も頻度が低い値
 RANGE = 最大値と最小値の幅
 STD = 標準偏差
 SUM = 合計
 VERIETY = ユニークな値の数

として、OKボタンを押す。

そうすると、メッシュの大きさが1つのセルになったラスタが作成されます。

ArcToolBoxより、
Spatial Analystツール > ゾーン > ゾーン統計をテーブルに出力
を起動

入力ラスタ、またはフィーチャーデータ欄
>メッシュファイル

ゾーンフィールド
>最初に作ったフィールド

入力値ラスタ
>ゾーン統計で作ったラスタ

として、OKボタンを押す。

そうすると、ラスタのセル毎に平均値などが算出されたテーブルが作成されますので、そのファイルをマップに追加してください。

ここまで来たら、あとは『最初に作ったメッシュ』に『ゾーン統計で作ったテーブル』をテーブル結合すると、膨大な数のデータをメッシュ毎に集計した結果を知ることができます。

関連しているかもしれない記事: