タグ別アーカイブ: dwg

AutoCAD互換のソフトを試してみた

AutoCAD2010では、またdwgフォーマットが2010形式という新たなものにかわったそうです。

私の仕事している業界ではAutoCAD LTを使っている企業が多いのですが、数年後とのバージョンアップでファイル形式の互換性が失われるため、外部とのデータ交換にしばしば困ることのあるCADソフトです(旧バージョン形式でも保存できますが)。

ArcMapにも言えることですが、劇的な機能向上が無いのにもかかわらず高い料金で毎度毎度バージョンアップするのも難しいため、AutoCADと互換性のあるCADソフトの体験版をダウンロードして試してみました。

[参考価格]
AutoCAD レギュラー版 62万円
AutoCAD LT 20万円

結論から書くと、2010形式に対応したソフトはありませんでした。2010形式のファイルを変換するには、当面の間はDWG TrueView2010を使うしかなさそうです。

ただ、調べてみるとAcadLTよりも格段に安く入手可能なのに、普通にdwg・dxfを読み書きできるだけではなく操作性も含めたほぼ完全互換、ラスタ読み込みや各種カスタマイズ、3Dレンダリングなども可能と魅力的な低価格ソフトが多数ありました。

個人的に気に入ったのは、一番動作が機敏だったBricsCAD V9 Classicです。もし、普段AutoCADを使っている方で、新しいソフトを使うための予算や学習時間を最小限にしたい人はZWCADの導入は検討に値すると思いますが、こちらはパクリっぽいのが気になります。

BricsCAD V9

  • ○AutoCADを使える人ならほとんど問題なく使える。
  • ○キビキビした動作で安定して動く。
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応。
  • △ショートカットキーは同じだが、メニューの並び方やプロパティ画面などが違っている。
  • △LISPやARXによるカスタマイズも可能。DIESEL式も一部可能だがマクロ記録はいまいち動かない。

[ひとこと]
次に購入するならこれかな、と思った。

[価格]
Bricscad V9 Pro:7.9万円、3D機能あり
Bricscad V9 Classic:5.9万円、3D機能あり、VBA不可

ZwCAD

  • ○AutoCADを触ったことのある人は、まったく違和感なく使える。というかAutoCADでは無いことに気付かない人もいそう。
  • ○機能、見た目、ショートカットキー、プロパティ画面、何から何までAutoCADそっくり
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応。
  • △LISPやARXによるカスタマイズも可能、マクロ記録はいまいち動かない。
  • △基本的にサクサク動くが、保存時はちょっともたつく
  • △残念ながらヘルプは日本語化されていない箇所が多い(英語のまま)
  • △中国製

[ひとこと]
Autodesk社製でないのが驚きなぐらい、AutoCADとの違いがわからない。。。

[価格]
ZWCAD2009 PRO:8.0万円、3D機能あり
ZWCAD2009 PLUS:6.5万円、3D機能なし

LiteCAD

  • ○フリーソフト
  • ○インストール不要でUSB起動可能
  • ○shapeファイルを入出力できる
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応っぽい。
  • △ラスタ読み込みもできたが、作図は2次元まで。
  • △日本語化されてない
  • ?上記公式サイトから直接ダウンロードできませんが、右クリックしてソースを見たらファイル名(litecad.zip)がわかります

[ひとこと]
AutoCADに見た目は似ていてるけど、仕事に使おうとは思えなかった。
どうやってレイヤ操作するんだろ。

——-
以下、体験版のインストールはしてないけど、ちょっと調べてみたソフト

IJCAD7

  • ○オプション購入で建築・土木・電気・機械系コマンドを追加できる
  • ○jwcadのデータが読める
  • ○dwgファイルは2007形式までOK。2010形式は未対応。
  • △体験版をダウンロードするためにユーザー登録後にログインしなおす必要があり面倒

[ひとこと]
昔のIntelliCADの不安定イメージがあって気が進まなかった

[価格]
IJCAD 7 Pro:10.5万円、3D機能あり
IJCAD 7 Plus:5.8万円、3D機能なし
IJCAD 6 Architectural:15.8万円、3D機能なし、建築系コマンド追加
IJCAD 6 Civil:15.8万円、3D機能なし、土木系コマンド追加
IJCAD 6 .SXF:10.3万円、sxf対応
IJCAD 6 Electrical:15.8万円、3D機能なし、電気系コマンド追加
IJCAD 6 Technical:15.8万円、3D機能なし、機械系コマンド追加

XcellicCAD V6

  • ○安い
  • △dwgファイルは2004形式までしか対応してない。
  • ×公式サイトが2005年で更新をやめているので、今後の対応も望めない

[価格]
XcellicCAD v6 Standard:3.8万円、3Dはサーフェスまで
XcellicCAD v6 Professional:7.7万円、3Dレンダリング可

DWGデータの無料変換ツール

以前、DWGTrueViewというソフトについて記載しましたが、さすがAutodesk謹製だけに確実にファイルフォーマットを変換できて良いのですが、ダウンロードするのも大変(ファイルサイズ200MB以上)で、インストール後も動作が遅くてイライラしていました。

そこで、DWG TrueViewよりもお手軽にファイルフォーマットを変換できるソフトがありましたので、ご紹介します。

EveryDWG

R12形式から2007形式にまでの幅広いdxf,dwg,dxbファイルに対応し、ファイルサイズがたったの3MBです!しかも、インストール不要(解凍するだけですぐに使える)というのも嬉しいですね。ただし、現時点でDWGのバージョンは「2007形式」まで対応しています。

この変換ツールは、CADフォーマットの標準化およびCADデータ変換ツールのオープン化を進めている非営利団体ODA(Open Design Alliance)によって作成されていますので、今後のdwgバージョンアップにも対応してくれそうです。