タグ別アーカイブ: error

ArcGIS9.2 SP2では、(たぶん)日本語を含むCADデータを読み込めません

ArcGIS9.2のSP2では、フォルダ名・ファイル名に日本語が含まれているCADデータを読み込む事が出来ないようです。shpファイルやtiffなどの画像は全く問題ありません。

MicroStationのファイルは日本語でも大丈夫なのですが、AutoCADのファイル(dwg)はだめなようです。

で、その場しのぎの対応策

  1. CADデータのファイル名をアルファベットのみにする
  2. CADデータを保存しているフォルダ名に日本語が含まれている場合は、Cドライブ直下などへ移動する。
  3. ArcCatalogで、データをシェープファイルにエクスポートする
  4. アルファベット名にしたCADファイルは、もう不要なので消す(保存しておいてもいいですが)

今後のバージョンアップで修正されると思いますが、「今までと同じようにデータを読み込んでいるはずなのに、表示されないぞ!」というときはお試しください。

なぜかコピー貼り付けが使えなくなった場合の対策法

バージョンの異なるAutoCADで、データの受け渡しを行っていると、なぜかAutoCAD内でコピー貼り付けが出来なくなる事があります。

そのようなときは、おまじないとして以下のコマンドを数回打ち込むとコピペが出来るようになります。

-purge
a
*
n

コマンドの実行結果が、以下のようになったら、図面を保存してやめる。
何かを削除しているようなメッセージが出ている間は、何度でも上記コマンドをくりかえしてください。
面倒であれば、ボタンに登録すると良いと思います。

名前削除する ブロック はありません.
名前削除する 画層 はありません.
名前削除する 線種 はありません.
名前削除する 文字スタイル はありません.
名前削除する シェイプ ファイル はありません.
名前削除する 寸法スタイル はありません.
名前削除する マルチライン スタイル はありません.
名前削除する 印刷スタイル はありません.

要するに、古いバージョンで判読できないブロックがあるのが原因のようですので、上記手順を経て図面を開き直すと、いつも通りコピー貼り付けの出来る環境になっているはずです。

空間結合で属性を集計したいのに、なぜか集計結果が0になる。

ArcGISで正しくフィールド演算等を行えない時は、 フィールドの値を文字列として認識している可能性があります。

 空間結合させる前に、属性テーブルを開いて適当なフィールドを作り、そこに0値になってしまうフィールド値をコピーすると良い。