タグ別アーカイブ: EZ Profiler

TINやラスターから断面データを取得する

EZ ProfilerというArcScript(フリーソフトみたいなもの)を紹介いたします。

EZ Profiler for ArcMap 9.x
http://arcscripts.esri.com/details.asp?dbid=13688

このプログラムはArcMapの機能を拡充させるためのプラグインで、Spatial Analystや3D Analyst等のエクステンションが無くても、polyline、grid、TINなどからデータを取得できるようになります。

TINやラスターデータから線分に沿った値を取得し、グラフ描画やエクセルへのエクスポートの出来るツールで、複数のレイヤからもまとめて取得することも可能。

【インストール】

メニューより、
ツール > カスタマイズ > コマンド
とすすみ、『ファイルから追加』をクリックし、『profile91.dll』を選択。

そうすると、『Easy Profiler 9.1』ツールバーがArcGISに追加されます。

【アンインストール】

アンインストールするときは、付属の『EZPuninstall.bat』を実行してください。

【使い方

PSボタン
細かい設定を行うためのボタン

Choose one method and input the value
> pointを発生させる個数の設定

 Specify the number of points along the profile
 > 指定した線などを等分割してポイントを発生させたい場合に選択

 Specity a set interval distance along the profile
 > 指定した距離でポイントを発生させたい場合に選択

Graph Properties
> グラフの設定

Make Profile From
> 解析の対象とするレイヤが1つかどうか
 既存polylineに沿ってラスタの値を取得したい場合などは、Multiple Layersを選択

Dボタン
ラスタ又はTINの上に、自由に線を書いて、ラスタから取得した属性値を持ったpointシェイプファイルを作成します。
使い方は押せば分かります。

mボタン
既存のポリラインに沿ってラスタから取得した属性値を持ったpointシェイプファイルを作成します。
使い方としては、既存ポリラインを選択してからボタンを押します。そうすると対象とするレイヤのダイアログが表示されますので、解析の対象とするレイヤを選択します。

Eボタン
選択したレイヤのテーブルをExcelに出力します。ArcGISの標準機能でexport等を行うよりも楽チンです。

その他細かいことは、zipファイルに入っているマニュアルに記載されています(英語ですが)。