ArcGIS9.2は、ジオメトリ演算が便利

    例えば、従来であればpointの座標を求めようとした場合、フィールド演算で以下のような式を入力する必要がありました。

    ■ポイントのX座標
    Dim dblX As Double
    Dim pPoint As IPoint
    Set pPoint = [Shape]
    dblX = pPoint.X

    → dblX

    ジオメトリ演算という機能が付いたので、上記の面倒な式を入力しなくても一発で面積や座標などをフィールドに入力することが出来るようになりました。
    ※機能が増えたというよりも、今まであった隠し機能が簡単に使えるようになった、という感じです。

    コメントを残す