個別に最前面表示が可能な付箋紙ソフトStickypaper

    付箋紙ソフトはVecorなどで大量に公開されているのですが、GISを使っている時は、ほぼ朝から晩まで全画面表示になっており、デスクトップに付箋紙を貼っても全く意味がいない!という状態になっていました。

    仕事などで全画面表示にする機会が多い人へ、たまたま良い付箋紙ソフトを見つけたのでご紹介します。多くのGISツールと違って日本製ソフトなので、日本語の文字化けなんて当然しません。

    Stickypaper

    【主な特徴】

    • メモごとに最前面表示させることが可能なので、デスクトップを全く表示させていなくても付箋紙を確認できる。<個人的にこれ大事
    • 詳細を表示する必要が無いときは、タイトルだけを表示させられ、スペースが有効に使える。
    • 付箋のサイズ、フォント、色などを自由に変更できて、とても綺麗。
    • スクリプトが動くので、付箋紙に天気予報などを動的に表示できる。
    • ゴミ箱機能があるので、一度削除したメモを再利用できる。
    • JPEGやBMP画像をデスクトップに貼り付けられる

    【Stickypaperの使い方】

    1. ソフトを起動する
    2. デスクトップ右下の時計とかあるところ(タスクトレイ)に猫の絵が表示される
    3. ネコの上で右クリックすると、付箋紙の新規作成やゴミ箱機能、フォント設定などができます。

    【おまけ】

    Stickypaperを使って、美人時計を常にデスクトップへ表示させるScript(bijin_clock)を作ってみました。

    これを最前面表示させておけば、打ち合わせに遅れることもなくなりますし、ちまちましたパソコン作業中も、少しは和めるのではないでしょうか。

    コメントを残す