カテゴリー別アーカイブ: Adobe

イラストレーター10でファイルを開くときにエラーが表示される

illustrator10でファイルを開くときに以下のエラーが表示されることがあります。

イラストレーションを開くことができません。このイラストレーションは実行可能な限界を超えています。
不正なオペレータ:「%%PageTrailer」
コンテクスト:

上記エラーは、以下の2つが主な原因となっています。
・USBメモリやネットワーク、CD-ROMなどからファイルを開いている
・ファイルの保存先やファイル名が長すぎる

自分のパソコンのCドライブなどにファイルをコピーして、ファイル名も簡潔なものに変更してファイルを開いてみるとファイルを開けるようになることが多いです。

一度エラーが表示されるようになったファイルは、何度でもエラーを吐く場合が多いため、無事に開くことができたら全ての線や文字などのオブジェクトを選択して、新たなファイルに貼りつけると良いです。
もしファイル名等を変更してもファイルを開けない場合は、Adobeのサポートページに記載されている手順どおりやってみると良いでしょう。

AutoCADやイラストレーターでMSゴシックが表示されなくなった場合の対処法

WindowsXPを使っていて、WindowsUpdateで『MSゴシック&MS明朝JIS2004対応フォント(KB927489)』を実行していませんか?

文字を入力しているはずなのに空白になってしまう方は、上記アップデートを削除すると改善されるかもしれません。

削除の仕方は、Windowsのコントロールパネルから、プログラムの追加と削除を起動し、『□更新プログラムの表示』にチェックを付けると、『MSゴシック&MS明朝JIS2004対応フォント(KB927489)』が表示されますので、削除してください。

数値地図を正しい大きさで出力する

【数値地図画像を正確な大きさで出力する】

Photoshop等の画像専用ソフトを使います。ここではPhotoshop5を例に記載しますが、基本はどのソフトを使っても一緒です。

  1. 画像を開く
  2. ツールバーから イメージ>画面解像度と進む
  3. 解像度が254になっているのを確認する(なっていればそれでOK)。
  4. 解像度が72とかになっている場合は、254と入力し、「画像の再サンプル」のチェックを外して、OKボタン。
  5. 普通に印刷。

【数値地図画像を正確な大きさでWordやExcelに貼り付ける】

  1. 先ほどの画面解像度の設定画面で表示される、『幅』と『高さ』の欄の数値をメモしておく。
  2. WordやExcelに画像を配置する。
  3. 画像をダブルクリックして、『サイズ』タブの上の方に『高さ』と『幅』の入力欄があるので、メモしておいた値を入力。

コツとしては、以下の2点があります

  • ページからはみ出すような画像を配置しない(勝手にWordが縮小してしまう場合がある)
  • Wordとかで示される倍率を信用しない(Wordとかには解像度の概念が無いため、適当にサイズを丸められてしまう)

illustratorで線の内側をぼかす

illustratorで流域界などを書くやりかたです。 アピアランスを使うと、形が変わってもぼかしが追随してくれるので便利かと思います。お好きな方をどうぞ。

手順A.原始的なやり方

  1. 外側の線を書く
  2. オブジェクト>パス>パスのオフセット で、内側に線を追加する
  3. 線の太さと透明度を調整する

手順B.ちょっと進んだやり方(バージョン9以下では出来ません)

  1. 外側の線を書く
  2. アピアランスで、線の着色を追加する
  3. 効果>パス>パスのオフセット で、内側に追加した線をずらす
  4. 内側に書かれた線のアピアランスを調整する

フィルタと効果を使い分ける

illustratorのバージョン10以降には、イラストに様々な効果を与える【フィルタ】と【効果】というコマンドが用意されています。

フィルタも効果も、どちらも適応した後の見た目は一緒ですが、使い方が異なりますので、これらを使い分けるだけでも格段に作図効率が上がります。

  • フィルタは、適応したら線の形自体を変えてしまいますので、あとから修正することができません。【効果】では使えないような効果を与える場合や、一度書いたら変更する必要が無いパーツに適用します。
  • 効果は、線の形はそのままで、見た目だけを変えます。こちらは、線の属性(アピアランス)を何度でも変更出来ます。

例えば、旗揚げやフローチャート等を作成する場合、フィルタを使っていたのでは、線の向きや長さを変更するたびに書き直し等が生じるため効率が下がります。

効果の応用例として、ちょっとした矢印を作成してみます。

1.線を書く

2.効果>スタイライズ>矢印にする

3.効果>スタイライズ>角を丸くする

4.アピアランスを並び替える

※アピアランスの設定画面を出すには、ウインドウ>アピアランス

以上のように作成することで、どのような線形の矢印線でも書くことが出来ます。
また、後から一括で線の丸み具合を微調整したり、矢印の形を変えたりできますし、線形を変えても矢印の方向が変な方向を向いたりしません。

●失敗例
アピアランスの順番が合っていないと、白枠に囲まれた矢印になったり、矢印の形が丸くなったりします。

PDFに使われているイラストを抽出する

イラストレーターのバージョン10以降であればPDFファイルを直接読み込むことができます。

使われている部品がラスタではなくベクタで作成されたイラストであれば、illustratorでその部分をコピーし、メタファイルとしてwordやexcelに貼り付ける事で、手間をかけずに綺麗な成果を作成することができます。

もしラスタ(地形図とか)の場合でも、スキャナで読み込んだり、docuworksに変換するよりも綺麗な画像を取り出せますので、wordやexcelにコピー・貼り付けしてください。

国などの公共機関が作成しているマニュアル関係はたいていPDFで公開されますので、まずhttp://www.google.comでPDFが公開されていないか検索してみます。

著作権に気をつけなければなりませんが、結構な時間節約・効率化になると思いますよ。

三次元のラインをポリラインに変換する

AutoCADでは、標高値(z値)を持っているとポリラインに変更できないため、一度、3次元じゃないソフトに読み込ませて、標高値(z値)を消す必要があります(VBAとかLIPSでも消せると思いますが手っ取り早いので)。

いろいろ試したうち、 illustratorでCADデータ読み込み>dxf書き出し とするのがよさそうです。

一度二次元しか扱えないソフトでデータを読みこむとz値が消えますので、あとは、AutoCADで色々加工してください。