タグ別アーカイブ: インストール

QGIS1.01にアップデートしてみました

前の記事の時はバージョン0.7くらいでしたので、QGIS1.01にアップデートしてみました。 

【QGISのインストール手順】

まずは、公式ページにアクセス。
http://www.qgis.org/

サイドメニューからDownload>Softwareと進み、お好みのOSを選ぶ
windowsの場合は http://trac.osgeo.org/osgeo4w/ からダウンロードすることになる。

画面真ん中あたりにある OSGeo4W Installerをクリック。

セットアップ用の小さなファイル(osgeo4w-setup.exe)がダウンロードされるので、それをダブルクリック。

インストールの過程でExpress InstallとAdvanced Installを選べるが、フォルダなどにこだわりがなければExpress InstallでOK。
今インストールしたいのはQGISだけなので、QGISにチェックを付けて【次へ】をクリックするとダウンロードが開始されます。

QGIS以外にも、必要に応じて以下のようなソフトをインストールすることが出来ます。

  • MapServer:WebマッピングツールやWebGIS等と言われるソフトで、インターネットでデータを公開するのに使う。
  • GDAL:様々なラスタフォーマットのライブラリ
  • Apache:Webサーバー
  • uDig:QGISやArcGISと同様のGISソフト。QGISと違って座標系を自動認識してくれるし、凡例やスケールバーの挿入、属性値による色分けの変更等も簡単です。難しい処理を必要とせず、ただデータを重ねて見る程度であれば、このソフトはオススメかもしれません。ただ、日本語化は殆どされていませんし、使っている人が少なそうなので情報を得るのが難しいかも。
  • OpenEV:GDALを使って、ラスタやベクタを表示できるビューア。データの作成や画像分析も出来るみたい。インターフェイスが今風ではない。

インストールが終わると、スタートメニューにOSGeo4Wフォルダが追加されていますので、そこからQGISを起動できます。
uDig等をインストールされた方は、スタートメニューからOSGeo4W>OSGeo4W>OSGeo4W Shellと進み、コマンドプロンプトが表示されたらudig等と入力すると起動します。

以下、余談です

ArcGIS9.0でエラーが出てインストールできない場合の対処法

windowsXP_SP2がインストールされているパソコンに、ArcGIS9.0をインストールしようとすると、以下のエラーメッセージが出てインストールが止まってしまう場合があります。 

Error 1904: failed to register c:\Program Files\ArcGIS\Bin\3dsymbolsui.dll
or
Error 1904: failed to register c:\Program Files\ArcGIS\Bin\xmlsupportui.dll

ESRIのサポートページに書いてあるのですが、サポート料金を払っていないと見えないため、サポート切れの人は情報を知ることができません。

  1. Cドライブに、boot.iniというファイルがあるのでメモ帳などで開く。
  2. [operating systems]という行の下に
    “Microsoft Windows XP Professional” /fastdetect /NoExecute=OptIn
    等と書いてあるのを確認。
  3. [/NoExecute=OptIn] の部分を[/NoExecute=AlwaysOff]に変更して保存する。
  4. パソコンを再起動すれば、インストール可能な状態になります。

○十万円するソフトなのですから、致命的なエラーに対する対処方法くらい、サポートに入っていなくても知ることができて然るべきだと思うのですが・・・。