タグ別アーカイブ: データ入手

ArcGISで標準地域メッシュを使う

ArcGISで地域メッシュを使う場合、ESRIホームページに公開されている『標準地域メッシュ・ポリゴン作成ユーティリティ』でメッシュを作成するのが手っ取り早いので、ダウンロードしましょう。
ただし、サポートに入っていないと上記ユーティリティのダウンロードができません。

1次~3次メッシュのダウンロード(有料サポートに入っていない方向け)

  • 3次メッシュ(地域標準メッシュ)は統計局e-statから1kmメッシュとなっているものをダウンローすればOKです。
  • 1次メッシュ・2次メッシュが必要な場合は、上記データを用いてディゾルブすればOKです(MESH1_ID・MESH2_ID・MESH3_IDというフィールドが付いてます)。

4次メッシュのダウンロード

  • 上記ユーティリティは、1次メッシュ~4次メッシュまでしか対応していません。
  • 4分の1地域メッシュ(5次メッシュ)であれば、murakami_takさんのホームページで公開されていますので、必要な方はダウンロードするとよいかと思います。
  • それより細かいmeshが必要な場合には、公開されているデータはないようなので、プログラムを組むなどして自作する必要があります。
  • 10分の1地域メッシュ(約100m間隔)が必要な場合は、国土数値情報で公開されているメッシュ情報付きシェイプファイル(たとえばこれ)を流用すればよいかと思います。

地域メッシュについての簡単な説明

  • 地域メッシュとは、統計に利用するために、緯度・経度に基づいて地域をほぼ同じ大きさに区切ったもので、日本工業規格(JIS X 0410 地域メッシュコード)で位置の決め方や番号の決め方が定められています。詳しく知りたい方は、日本工業標準調査会のHPを見てください
  • 第1次メッシュは20万分の1地勢図の区画に用いられている。緯度差40分、経度差1度、1辺の長さは約80km。
  • 第2次メッシュは2万5千分の1地形図の区画に用いられている。第1次メッシュを64分割(緯線方向及び経線方向に8等分)してできる区域で、1辺の長さは約10km。
  • 第3次メッシュは標準地域メッシュと言われるもの。第2次メッシュを100分割(緯線方向及び経線方向に10等分)してできる区域で、1辺の長さは約1km。
  • 第4次メッシュ(2分の1地域メッシュ)は、標準地域メッシュを4分割したもので、1辺の長さは約500m。
  • 4分の1地域メッシュは、2分の1地域メッシュをさらに4分割したもので、1辺の長さは約250m。
  • 8分の1地域メッシュは、4分の1地域メッシュをさらに4分割したもの

市町村の行政区画データを入手する

都道府県・市町村の境界線が必要な場合は、国土数値情報や基盤地図情報よりを入手可能です。

それより細かな行政区画データをshpファイル形式で欲しい場合、国勢調査のデータなどが登録されている『政府統計の総合窓口 e-Stat』より、行政区界・大字界のポリゴンシェイプファイルを入手可能です。

字界データのダウンロード方法

  • トップページ>地図で見る統計(統計GIS)>データダウンロードと進むと統計表検索画面になります。
  • そこで、Step1:平成17年国勢調査(小地域)、Step2:世帯人員別一般世帯数 などを選択して「次へ」をクリック。
  • 都道府県と市区町村を選ぶと、それに該当するGIS境界データが表示されます。
  • 日本測地系・世界測地系・平面直角座標系・緯度経度・Shape形式・G-XML形式など、結構なバリエーションで整理されていますので、お好みのデータをダウロードしてください。

なお、字界の形状が必要なのではなく、大体の位置の検索(アドレスマッチング)がしたいのであれば、位置情報参照ダウンロードサービスより地番・XY座標などが記載されたcsvファイルを入手可能です。

含まれているデータは、都道府県名,市区町村名,大字・町丁目,街区符号・地番,座標系番号,X座標,Y座標,緯度,経度などです。

公共測量ビューア・コンバータ

GISやCADで用いられるファイル形式を相互に変換できるフリーソフト(国土地理院製)の紹介です。このソフトを使えば、DMデータをsxf形式に変換することができます。

以前紹介したCreate DXF file from feature layer in ArcMapは、ArcGISが無いと使えなかったのですが、今回のソフトは単体で変換が可能です。
続きを読む

G-DEMの提供が(限定的に)始まったようです

財団法人 資源・環境観測解析センターが平成21年度3月末公開に向けて作業を進めていた、G-DEM(ASTER全球3次元地形データ)の整備が一段落したようです。

http://www.ersdac.or.jp/GDEM/J/4.html

当初予定よりも遅れているような気がしますが、少しづつ整備が進んでいるようで、2009年6月1日公開予定とのこと。一刻も早く見てみたい人で、且つ下記の配付対象に合致する人は、連絡をすれば無償で入手可能とのことです。

配付対象
 G-DEMの配付対象は、GEOSS(Global Earth Observation System of Systems)で定義された社会公益性の高い9分野(災害・健康・エネルギー・気候・天候・エコシステム・農業・生物多様性)に関わる研究や業務などを行うGEO Affiliates(Group of Earth Observation加盟国)に所属する個人あるいは組織です。
(GEOSSホームページURL:http://www.epa.gov/geoss/参照)

続きを読む

地形、地質、土壌などのシェイプファイルを入手する

国土交通省土地・水資源局国土調査課より、以下のデータが公表されていました。たしか、数ヶ月前に見たときには、50万分の1土地分類基本調査しかGISデータ(シェイプファイル)が公表されていなかったのですが。

●20万分の1土地分類調査
「地形分類図、表層地質図、土壌図」のshpファイルを入手できます。

●20万分の1土地保全調査
「地形分類図、起伏量・谷密度図、表層地質図(平面的分類図)、傾斜区分図、土壌図、表層地質図(垂直的分類図)、土地利用現況図、土壌生産力可能性等級区分図、土地利用可能性分級図」のshpファイルを入手できます。

ArcGISでレイヤを重ね合わせて、調査対象地点の概況を把握することがより簡単になりました。

ラスタは以前から公開されていましたが、やはりポリゴンなりポリラインなりになっていると使いやすいです。地質なんか関係ないと思われている方も、色々な情報を重ねてみると意外な発見があるかもしれませんよ。

公共施設一覧 図・表

国土数値情報をShapeファイルに変換するツールが公表されていたため、簡単に公共施設をGISに取り込めるようになりました(全国どこでも)。ArcGISに取り込んでしまえば、地図上に表したり、excelにデータをはりつけたり、好きなように加工簡単にできます。

http://nlftp.mlit.go.jp/ksj2/index.html

上記ページのデータは、JPGIS・地理情報標準という、地理情報に関する標準(ルール)に基づき作成されており、http://nlftp.mlit.go.jp/ksj2/tool.htmlから変換ツールをダウンロードできます。

今までは変換ツールを買わなければ変換できなかったのに、どんどん便利になりますね。

河川基盤地図の作成ツール公開

ArcGISで、国土交通省河川局が策定したガイドラインに基づいた河川基盤地図、河川・ダム環境情報地図のインポート/エクスポートやデータの作成/編集を行うためのツールが公開されました。

http://www.esrij.com/support/arcgis_desktop/downloads/arcgis_kasen.html

下記ガイドラインに準拠したデータに対応しています。

  • ・河川基盤地図ガイドライン(案)
  • 河川環境情報地図ガイドライン(案)平成13年10月改訂
  • ダム環境情報地図ガイドライン(案)平成15年1月版
  • 河川環境情報地図ガイドライン(案)平成18年8月改訂
  • ダム環境情報地図ガイドライン(案)平成18年8月改訂

数値地図50mメッシュ標高を使う

数値地図50mメッシュは、旧座標系に基づいて位置づけられているため、JGD2000対応の座標に変換する必要があります。

  1. ArcGIS9.0の場合は、omake.exeでデータを抽出する。
    最新版の場合は、専用ツールが用意されています。
  2. 元々の座標系が特殊なため、Tokyo座標系にする
    ArcToolbox>Data Management Tools>プロジェクトとトランスフォーム>フィーチャ>投影変換
  3. ArcCatalogでJGD2000に変換する

上記の手順で正しい位置に標高値が表示されます。

あとは、3D Analyst を使って、コンター図を作ったり、ラスタにしたり、使いやすい形で表現します。