タグ別アーカイブ: ArcGIS

ArcGISの動作がおかしくなったら試すべきこと

ArcMapが起動しなくて困った、変なエラーが表示される、動きが遅くなってきたといった症状が出た場合は、下記ファイルを削除してみると改善する場合があります。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\ESRI\ArcMap\Templates\Normal.mxt

Normal.mxtは、カスタマイズした情報を記録したテンプレートファイルですので、このファイルを消去するとボタン配置などが初期設定に戻ってしまいますが、わざわざソフトを再インストールするよりも格段に楽です。

心配だったら、Normal(ver93-20090820).mxtなどに改名して保存しておけば、いつでも現状のカスタマイズされたArcMapに戻せますので、お試しください。

複数の画像を結合させる

ArcGISでは、座標さえ正しく指定されていれば何枚でもラスタ(例えばgeotiffやjpegなどの画像ファイル)を正しい位置に配置することが出来ますが、処理の都合上、ラスタを合体させたい場合には、モザイク処理を行います。

普段の生活で”モザイク処理”というと、”公然と見せてはいけないものをぼかす”ような処理を想像してしまいますが、GISでは複数の画像をくっつける処理のことを言います。

ArcToolboxより、モザイクと検索すると幾つかのコマンドが出てきますので、お好みの方法で処理してください。

頻繁に使用する座標系を指定しやすくする

シェイプファイルやラスタなどに投影座標系が指定されていない場合、正しい位置に配置するには、それと思われる座標系を指定するのですが、扱える座標系がなまじ多いため、階層が深く探しにくいです。

じつは、ArcCatalogでは、測地系をコピーしたり削除したりできますので、よく使う座標系は、すぐに選択できるように複製しておくと作業効率を上げることができます。

続きを読む>>

ジオメトリ変換ツールがバージョン2になりました

ESRI社で作っているArcGISの外部ツール、ジオメトリ変換ツールがバージョン2.0になっていました。

新しい機能が複数追加され、今まで『ET Geo Wizards』などを使わなければ出来なかった処理が、一部でも純正ツールで出来るようになったのは良いですね。
ただ、例えばポイントを包含するポリゴンを作成できるようになったのは良いのですが、原バージョンではその精度(折れ点の数や距離)を指定できなかったり、もう少し内容を詰める箇所はあると思いますが。

●ポリゴンから変換する機能
ポリゴンの頂点からポイントを発生
ポリゴンの重心点からポイントを発生
ポリゴンのラベルポイントからポイントを発生
ポリゴンの枠線からポリラインを発生
ポリゴンをラインで切断
ポリゴンを穴埋め
ポリゴン同士の重なる領域を除去
ポリゴンから面積按分(ポリゴンの属性値を面積比率を使って按分計算)
内向きバッファを発生

●ポリラインから変換する機能
ポリラインの頂点からポイントを発生
ポリラインの中間点からポイントを発生
ポリラインの端点からポイントを発生
ポリラインの接点(交点・接合点)からポイントを発生
ポリライン上の任意の間隔でポイントを発生
ポリラインを重なっているポイントを基に分断
ポリラインで閉じた領域をポリゴンへ変換
ポリラインをスムージング
ポリラインの頂点を間引く

●ポイントから変換する機能
ポイントをポリゴンに変換
ポイントをポリラインに変換
ポイントを包含する凸包を作成
ポイントからスパイダーグラフを作成(最寄りのポイントまでのポリラインを発生)

●その他機能
ポイントを新規作成
ポリラインを新規作成
ポリゴンを新規作成
空間情報をコピー
フィールド定義を変更(ついにフィールド名を変えられるようになりました)

表示範囲内のデータに関する凡例のみを表示する

例えば東京都全域の植生図データを基に渋谷区分のデータを出力するなど、ArcGISで元データよりも狭く限定された範囲のみを印刷する場合、画面には表示されていないが元データに含まれる項目も凡例に表示されてしまい、とても邪魔に感じることがあります。

その場合、下記のプログラムをインストールしましょう。

Legend Limiter 3 for ArcGIS v9.2+
http://arcscripts.esri.com/details.asp?dbid=15154

*インストール方法

  1. 上記ページから圧縮ファイルをダウンロードします。
  2. 適切なフォルダに解凍します。
  3. 解凍したフォルダ内にある_INSTALL.bat を実行
  4. ArcGISを起動すると、Legend Limiterツールバーが表示されます。

*使い方
□Legend Limiter OFF にチェックを付ければ、画面に表示されている範囲のみ凡例が表示されます。

近々発売されるArcGIS9.3では、こういう細かい機能も改善されているといいですね。

凡例が横長になりすぎるため、項目名を改行させたい

ArcGISは、CADやイラストレーターなどと違って、配置したオブジェクトの凡例を自動で作成してくれるため、人に見せる資料を作成するときに、大変便利です。

しかし、凡例に表示したい文字列が長すぎると、凡例が横長になり格好悪くなります。困ったことに、ArcGISには凡例の文字列を折り返して表示する、という機能が付いていないため、カスタマイズしていないArcGISでは、我慢して小さい文字に縮小する、我慢して横長のまま我慢する、という困った2択しかありません。下記のスクリプトを使うと、凡例の文字列を適切な長さで改行することができるようになりますので、試してみましょう。

MultilineLegendText
http://www.steepearthgis.com/scripts.shtml

*インストール方法

  1. 上記ページから圧縮ファイルをダウンロードします。
  2. 適切なフォルダに解凍します。
  3. multilinelegend_install.bat を実行
  4. ArcGISを起動し、ツール>カスタマイズとすすみ、ダイアログの下側にある『ファイルから追加』を選んで、MultilineLegendText.dll を読み込み
  5. ボタンを追加できるようになったので、
    ツール>カスタマイズ>コマンド>カテゴリとすすみ、
    MultilineLegendのボタンを適当なところに配置

*使い方

  1. 長すぎて困るレイヤを選択して、先ほど追加したMultilineLegendボタンを押す。
  2. 改行したいラベルを選択して、Changeボタンを押し、適当なところで改行させる。
    残念ながら、凡例の幅に応じて自動的に改行位置をずらしてくれる、といった機能はありません。

 
注意1 レイヤではなくシンボルを選択した状態でMultilineLegendボタンを押すと、『Must have a single layer selected in the TOC.』というエラーが表示されたます。

注意2 ダイアログに表示される日本語は文字化けしていますが、凡例にはキチンと反映されます。

ArcGIS9.3は12月発売予定

ESRIジャパン GISインフォメーションメール  2008年10月2日号より

◆ArcGIS 9.3 12月にリリース! ◆

 ArcGISの次期バージョン9.3が、12月に国内販売開始予定です。
 操作性、周辺テクノロジ(Microsoft Virtual Earth 、Adobeなど)
 への親和性向上により更に使い易くなったArcGIS。データラインナップの充実、
 即利用可能なアプリケーションがコストを抑えた導入をバックアップします。

 ⇒ArcGIS 9.3紹介ページはこちら
 <http://www.esrij.com/products/arcgis93/index.shtml?r=1002>

上記HPを見ても、まだ詳しい情報が掲載されていませんでした。結局、ArcGIS9.2はSP6まで出ましたのにdwgファイルの日本語対応はされないままでしたが、9.3ではどうなるのでしょうかね…。

また、親和性向上とされている周辺テクノロジがGoogle系(GoogleマップやGoogleEarth)じゃなくてMicrosoft Virtual Earth 、Adobeというのも、、、戦略は正しいのかな。