カテゴリー別アーカイブ: ArcGIS

数値地図画像をモノクロにする

配置したデータを際立たせるために、背景となる画像をモノクロ化したい場合があると思います。

オルソフォトなどの写真データであれば、着色をグレーの不連続カラーに変換すれば良いだけです。

数値地図の場合には、同じように不連続カラーに変えてしまうと、文字が塗りつぶされて読めなかったりしますので、以下のような方法で白黒化するといいと思います。

  1. レイヤプロパティを開き、シンボルタブから分類を選択
  2. 分類をクリック
     データの除外に0を記入(地図の白地の部分なので着色する必要がない)
     閾値を4,63,127,255とする。
  3. レイヤプロパティに戻り、以下のように着色する
     1から4 → 薄いグレー(河川や道路などの塗りつぶし)
     4から63 → 濃いグレー(河川や道路の境界線や家屋塗りつぶし)
     63から127 → 色なし(文字のふちどり)
     127から255 → 黒色(文字)

ここで、陰影起伏効果を使用にチェックをつけると、建築物の塗りつぶしを立体的に見せることができますので、こだわりのある方はお試しください。
*標高と関連付けているわけではないので、あくまで立体っぽく見えるだけです。

上記着色区分は、数値地図25000(地図画像)・数値地図50000(地図画像)のどちらでも使えます。

市町村の行政区画データを入手する

都道府県・市町村の境界線が必要な場合は、国土数値情報や基盤地図情報よりを入手可能です。

それより細かな行政区画データをshpファイル形式で欲しい場合、国勢調査のデータなどが登録されている『政府統計の総合窓口 e-Stat』より、行政区界・大字界のポリゴンシェイプファイルを入手可能です。

字界データのダウンロード方法

  • トップページ>地図で見る統計(統計GIS)>データダウンロードと進むと統計表検索画面になります。
  • そこで、Step1:平成17年国勢調査(小地域)、Step2:世帯人員別一般世帯数 などを選択して「次へ」をクリック。
  • 都道府県と市区町村を選ぶと、それに該当するGIS境界データが表示されます。
  • 日本測地系・世界測地系・平面直角座標系・緯度経度・Shape形式・G-XML形式など、結構なバリエーションで整理されていますので、お好みのデータをダウロードしてください。

なお、字界の形状が必要なのではなく、大体の位置の検索(アドレスマッチング)がしたいのであれば、位置情報参照ダウンロードサービスより地番・XY座標などが記載されたcsvファイルを入手可能です。

含まれているデータは、都道府県名,市区町村名,大字・町丁目,街区符号・地番,座標系番号,X座標,Y座標,緯度,経度などです。

ArcGISの動作がおかしくなったら試すべきこと

ArcMapが起動しなくて困った、変なエラーが表示される、動きが遅くなってきたといった症状が出た場合は、下記ファイルを削除してみると改善する場合があります。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\ESRI\ArcMap\Templates\Normal.mxt

Normal.mxtは、カスタマイズした情報を記録したテンプレートファイルですので、このファイルを消去するとボタン配置などが初期設定に戻ってしまいますが、わざわざソフトを再インストールするよりも格段に楽です。

心配だったら、Normal(ver93-20090820).mxtなどに改名して保存しておけば、いつでも現状のカスタマイズされたArcMapに戻せますので、お試しください。

ArcGISで教師付き分類をおこなう

教師付き分類とは、見本に合わせて分類する方法で、見本さえしっかりしていれば、ほぼ全自動で画像処理を行い見本に準じて分類してくれます。例えば、衛星写真から植生の分布図を作ったり、オルソフォトから家屋などを自動抽出する場合などに使えます。

ArcGIS単体では教師付き分類を行えないようなので、教師付き分類を行うためにはSpatialAnalystというエクステンションが必要となります。お金のある人は、ImageAnalysisでも良いです。

  1. 分類したい画像を配置します。
    ここでは「航空写真.img」とします。
  2. ArcCatalogを使って、空っぽのシェープファイルを作成します。フィーチャタイプはポリゴンにしてください。
    ここでは、shapeファイルの名前は、とりあえず「教師分類pol」とします。
  3. 「教師分類pol」をArcMapに追加します。
  4. 「教師分類pol」の属性テーブルを開き、フィールドを追加してください。
    ここでは「bunrui」という名前の整数フィールドにします。
  5. 「教師分類pol」を編集し、現地調査の結果や植生図、航空写真、衛星画像などを使って、状態を確実に判読できる場所を囲みます。その判別した種別毎に、「bunrui」の値を変えてください。例えば、道路だったら1、河川だったら2、森林は3、農地は4、家屋は5など。
    先生がダメだと生徒が上手く分類してくれませんので、分類が上手くいかないときは、この囲み方をトライ&エラーで修正してください。たとえば、家屋と一括りに言っても屋根は色々な色がありますし、均一な植生の森でも日陰と日向では色合いが異なります。そのため、各属性の分類には適度な数のポリゴン(というかシグネチャ)が必要となります。
  6. 後の工程で必要な、シグネチャ(拡張子がgsgのファイル)を作ります。
    ArcToolbox > Spatial Analystツール>多変量解析 >シグネチャの作成
    『入力ラスタバンド』>「航空写真.img」
    『入力ラスタ、またはフィーチャサンプルデータ』>「教師分類pol」
    『サンプルフィールド』>「bunrui」
    『出力シグネチャファイル』>「out.gsg」
  7. 最尤法(さいゆうほう)による教師付き分類を行います。
    ArcToolbox > Spatial Analystツール>多変量解析 >最尤法分類
    『入力ラスタバンド』>「航空写真.img」
    『入力シグネチャファイル』>「out.gsg」
    『出力分類ラスタ』>「分類済み航空写真.img」
  8. 完成
    「教師分類pol」で指定した分類に色分けされた「分類済み航空写真.img」が出来上がりました。
    できあがりが予想と違っている場合には、トレーニングエリアの設定がいまいちな可能性がありますので、手順3に戻ってやり直してください。

ただし、一発で上手くいくことは無いと思いますので、教師なし分類を参考にしたり、リモートセンシング画像の場合はNDVIなどを組み合わせたりすると良いかと思います。

公共測量ビューア・コンバータ

GISやCADで用いられるファイル形式を相互に変換できるフリーソフト(国土地理院製)の紹介です。このソフトを使えば、DMデータをsxf形式に変換することができます。

以前紹介したCreate DXF file from feature layer in ArcMapは、ArcGISが無いと使えなかったのですが、今回のソフトは単体で変換が可能です。
続きを読む

G-DEMの提供が(限定的に)始まったようです

財団法人 資源・環境観測解析センターが平成21年度3月末公開に向けて作業を進めていた、G-DEM(ASTER全球3次元地形データ)の整備が一段落したようです。

http://www.ersdac.or.jp/GDEM/J/4.html

当初予定よりも遅れているような気がしますが、少しづつ整備が進んでいるようで、2009年6月1日公開予定とのこと。一刻も早く見てみたい人で、且つ下記の配付対象に合致する人は、連絡をすれば無償で入手可能とのことです。

配付対象
 G-DEMの配付対象は、GEOSS(Global Earth Observation System of Systems)で定義された社会公益性の高い9分野(災害・健康・エネルギー・気候・天候・エコシステム・農業・生物多様性)に関わる研究や業務などを行うGEO Affiliates(Group of Earth Observation加盟国)に所属する個人あるいは組織です。
(GEOSSホームページURL:http://www.epa.gov/geoss/参照)

続きを読む

複数の画像を結合させる

ArcGISでは、座標さえ正しく指定されていれば何枚でもラスタ(例えばgeotiffやjpegなどの画像ファイル)を正しい位置に配置することが出来ますが、処理の都合上、ラスタを合体させたい場合には、モザイク処理を行います。

普段の生活で”モザイク処理”というと、”公然と見せてはいけないものをぼかす”ような処理を想像してしまいますが、GISでは複数の画像をくっつける処理のことを言います。

ArcToolboxより、モザイクと検索すると幾つかのコマンドが出てきますので、お好みの方法で処理してください。