ArcGISで基盤地図情報の数値標高モデルを使う

基盤地図情報にて、全国の地盤高データを整理した数値標高モデルが公開されています。
http://fgd.gsi.go.jp/download/

10mメッシュ標高は1/25,000地形図の等高線データ等を基に作成したもので全国津々浦々が整備されています。
5mメッシュ標高は航空レーザ測量や写真測量によって作成したもので、都市部など一部が整備されています。

しかし、基盤地図情報で公開されているファイルは、JPGIS形式であるため、ArcGISで直接扱うことはできません。

そのために同ページで閲覧・変換ソフトが公開されているのですが、とても残念なこ
» 続きを読む ...

ArcGISで標準地域メッシュを使う

ArcGISで地域メッシュを使う場合、ESRIホームページに公開されている『標準地域メッシュ・ポリゴン作成ユーティリティ』でメッシュを作成するのが手っ取り早いので、ダウンロードしましょう。
ただし、サポートに入っていないと上記ユーティリティのダウンロードができません。

1次~3次メッシュのダウンロード(有料サポートに入っていない方向け)

  • 3次メッシュ(地域標準メッシュ)は統計局e-statから1kmメッシュとなっているものをダウンローすればOKです。
  • 1次メッシュ・2次メッシュが必要な場合は、上記データを用い

» 続きを読む ...

ファイルの添付しわすれを防止するthunderbirdアドイン

最近知った、単純ミスを防止するためのThunderbirdアドインを紹介します。

「添付したファイルをご確認ください」などのメールを送り、ファイルを添付しわすれる事はありませんか。以下のアドインを追加するだけで、そのような格好悪いメールを送ることを防ぐことができます。

check and send
https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/2281

ぜひ、メールソフトにThunderbirdを使っている方は、お試しください。

使い方

設定>添付とすすみ、『添付ファイルのないメッセージが以下
» 続きを読む ...

AutoCAD互換のソフトを試してみた

AutoCAD2010では、またdwgフォーマットが2010形式という新たなものにかわったそうです。

私の仕事している業界ではAutoCAD LTを使っている企業が多いのですが、数年後とのバージョンアップでファイル形式の互換性が失われるため、外部とのデータ交換にしばしば困ることのあるCADソフトです(旧バージョン形式でも保存できますが)。

ArcMapにも言えることですが、劇的な機能向上が無いのにもかかわらず高い料
» 続きを読む ...

数値地図画像をモノクロにする

配置したデータを際立たせるために、背景となる画像をモノクロ化したい場合があると思います。

オルソフォトなどの写真データであれば、着色をグレーの不連続カラーに変換すれば良いだけです。

数値地図の場合には、同じように不連続カラーに変えてしまうと、文字が塗りつぶされて読めなかったりしますので、以下のような方法で白黒化するといいと思います。

  1. レイヤプロパティを開き、シンボルタブから分類を選択
  2. 分類をクリック
     データの除外に0を記入(地図の白地の部分なので着色する必要がない)
     閾値を4,63,127,2

» 続きを読む ...

市町村の行政区画データを入手する

都道府県・市町村の境界線が必要な場合は、国土数値情報や基盤地図情報よりを入手可能です。

それより細かな行政区画データをshpファイル形式で欲しい場合、国勢調査のデータなどが登録されている『政府統計の総合窓口 e-Stat』より、行政区界・大字界のポリゴンシェイプファイルを入手可能です。

字界データのダウンロード方法

  • トップページ>地図で見る統計(統計GIS)>データダウンロードと進むと統計表検索画面になります。
  • そこで、Step1:平成17年国勢調

» 続きを読む ...

ArcGISの動作がおかしくなったら試すべきこと

ArcMapが起動しなくて困った、変なエラーが表示される、動きが遅くなってきたといった症状が出た場合は、下記ファイルを削除してみると改善する場合があります。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\ESRI\ArcMap\Templates\Normal.mxt

Normal.mxtは、カスタマイズした情報を記録したテンプレートファイルですので
» 続きを読む ...

ArcGISで教師付き分類をおこなう

教師付き分類とは、見本に合わせて分類する方法で、見本さえしっかりしていれば、ほぼ全自動で画像処理を行い見本に準じて分類してくれます。例えば、衛星写真から植生の分布図を作ったり、オルソフォトから家屋などを自動抽出する場合などに使えます。

ArcGIS単体では教師付き分類を行えないようなので、教師付き分類を行うためにはSpatialAnalystというエクステンションが必要となります。お金のある人は、ImageAnalysisでも良いです。

  1. 分類したい画像を配置します。
    ここでは「航

» 続きを読む ...